3人の男女

パーカーを作る

オリジナルパーカーの普及の為、一定のコストを惜しまず、耐久性に優れたボディとプリントをサービスの基本とすべきだろう。また日本の購買層は保守的であるため、ボディーカラーは、ベーシックな、紺色、白、グレー等を含め5種類程度が妥当であろう。

この記事の続きを読む

刺繍の注文

オリジナル刺繍を作る際には専門店のサイトで注文を行なうことができます。見積もりフォームに希望するデザインを送ると見積もりが送られてきます。見積もりに納得した場合は注文フォームで注文し、入金することで行われます。

この記事の続きを読む

はぎれの有効活用

革のはぎれはグラム単位で販売が行われています。以前は売れないものとして処理が行われていたことも有りますが、現在では有効活用できることから様々な商品を作ることが増えてきました。

この記事の続きを読む

Tシャツ発展の歴史

Tシャツは元々男性用の下着として使われていましたが、第二次世界大戦後にトップスとして着られるようになりました。現在では高校の文化祭や体育祭でクラスTシャツを作成するところが多くなっています。

この記事の続きを読む

ユニフォームを作る

今風にサッカーユニフォームをオーダーするなら、細かな部分まで手が届くようなサイトを利用するのがお勧めです。ただ絵に描いてこうして下さいと言うのではなく、今のサッカーユニフォームならこの部分にこう言うデザインを取り入れた方が良いと言うような案内を率先してしてくれるような所に頼むと便利です。ラフで描くにしてもセンスが問われる部分が大きくありますし、絵の上手さ等も絡んで来るので難しい部分です。それに、どのようにデザインを取り入れるのかはユニフォームに詳しくなければ簡単に出来るものではありません。最近人気のオーダーサイトでは、柄・色・フォントと言ったように1つずつ順序良く丁寧に決めて行く流れを作ってくれるような、手軽に行えるシステム作りを採用しています。

自分達だけの特別なサッカーユニフォーム作りに精を出したいのであれば、オーダー時の下書きに拘る事が求められます。これを上手く利用出来るか否かで満足度は大きく変わるため、オーダーで全てを丸投げしてしまうのではなく積極的に制作に関わっていきましょう。サッカーユニフォームと言うのは、見た目をそれっぽいカッコ良さにするための条件があるものです。エンブレムやライン・マークを随所に上手く取り込む事で、今風のクオリティの高い服が出来上がります。近年のサッカーチームのデザインや周りのセンスの良いチームの服を参考にするのが近道になるため、センスを磨くために情報を集める事も欠かさないで下さい。シンプルに決めるのも良いのですが、独自性のある凝ったユニフォームを完成させて自慢の服を作ってみましょう。

オリジナルパーカー

現在パーカーもオリジナルで製作できます。好きな生地や色を選んで、好きなデザインをパーカーに施しオリジナルパーカーを作ることができます。素材となるパーカーは大体2000円から5000円程度です。

この記事の続きを読む